2009年05月02日

スペイン婚姻手続(1)

090502.jpg
みなさん、GWいかがお過ごしでしょうか?


突然ですが&私事ですが、この度、相方と結婚する運びとなりましたので、ご報告させていただきます。

実は、日本に帰国したのは色々と準備するためでもあったのです。
Blogで発表するタイミングは書類を集めるタイミングと一緒に・・・ということで。

興味もないこととは思いますが、いざ必要書類など揃え始めると、これまた学生ビザ並に手続きが面倒くさいので、今後、スペイン人と結婚する方に役立てて欲しいと思い、記録を残しておこうと思います。
ちなみに私はスペインで結婚します。

それでは、婚姻までの日本での準備を見てみましょう。

★Paso1 〜必要書類を集めよう!〜
(1)戸籍抄本(スペインの出生証明証に該当します)
(2)過去2年分の住民票
(3)独身証明証(本籍のある市役所又は区役所で出してくれます)

★Paso2 〜アポスティーユ証明を取りに行こう!〜
上記の書類が全て揃ったら、外務省でアポスティーユ証明を出してもらいます。これは、上記の書類が公式文書であるという証明書です。
これがないと、上記の書類は外国では意味を成しません。

※アポスティーユ証明は、申請日の翌日に受け取り可能。
 郵送でも申請可能ですが、その場合は10日〜2週間程かかるとのこと。

アポスティーユ証明の詳細はコチラ

★Paso3 〜翻訳しよう!〜
必要書類に挙げた3点の書類をスペイン語で翻訳します。自分で翻訳可能。
アポスティーユ証明に関しては翻訳の必要なしです。

★Paso4 〜翻訳証明書を取りに行こう!〜
・必要書類3点
・アポスティーユ証明
・翻訳書類
・翻訳証明発行手数料(1枚2,097円×3点)

以上を持ってスペイン大使館へ。自分が翻訳したスペ語訳に対して、その翻訳が正しいという翻訳照合証明というものを出してくれるそうです。申請から約2週間かかるらしい。

私はまだPaso2までしか終えていません。GW中には翻訳作業を完了出来たら、と思っています。

そんな訳で、学生ビザがひと段落したのもつかの間、またしても超えなければならないビザの壁が待っているのでした。

それでは、皆様、良いGWをお過ごしください。
Que lo paseis muy bien!!

banner_01.gif←本日も応援クリックpor favor!


posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(36) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。