2010年02月03日

居住許可書申請(2)

100203.jpg
最初の居住許可申請記事からだいぶ時間が空いてしまいましたが、その後の居住許可のビザについて。

去年の11月に警察のアポが取れ、外国人課に出向き申請書類一式を提出。その日は提出のみ。

その1ヶ月後に警察から手紙が来て、申請が通ったので1月28日に来てください。とのこと。

第2回目に必要なものは
@警察からの手紙
A証明写真×2
B有効期限内のパスポート
C住民票
D過去に学生ビザなどを持っていたら、そのビザ


といった感じ。

必要なものを揃え、当日12時ごろに出頭。
警察からの手紙を見せ、ビザの手続きに来た旨を説明すると、窓口で書類を渡され「銀行でこの税金払ってからまた並んでくれる?」と。

ビザ申請のための税金10ユーロ(約1400円)。

税金を払うため、再び来た道を引き返し銀行探し。
幸い、近くに銀行があったので、銀行で支払いを済ませ、再び警察の窓口へ。

窓口にはもちろん、この日のアポの人が列をなしてます。
20分くらい待ち、自分の番がきて、写真、必要書類を提出し、指紋採取。

引き換え証(?)みたいなものを渡され、これにてこの日の手続きは終了。

1ヵ月後にやっとのこと居住許可証(NIE)が発行されるわけです。
私の場合、30日後にELCHEの警察に取りに行くようにとの指示でした。


いつも思うんだけどさ、税金の振込用紙を最初から手紙に入れておけばもっと効率良いと思うんだけど。誰も考えないのかな?

何はともあれ、居住許可証が受け取れる日まであと一歩となりました。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

日本への婚姻届

100114.jpg
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

新年早々、去年より繰り越していた作業が・・・

それは、スペインでの婚姻の事実を3ヶ月以内に日本に届け出ること。

これをしないことには、日本ではまだ独身のままなのです。

★日本への届出に必要なもの★
・婚姻届 2通*
・戸籍謄(抄)本 (発行から6ヶ月以内のもの)2通
・Certificacion de Literal de Matrimonio
 (スペイン結婚証明書) 2通
・同上の和訳文 2通*

※2通って書いてあるのは、本籍地を移動しない場合。
本籍地を移動する場合は、各3通ずつ必要です※


以上なんだけど、*印をつけたものに関しては、スペインの日本大使館で記入例と一緒に書類をもらえます。

バレンシア州はバルセロナの日本総領事館管轄なので、先日のバルセロナ旅行の時に領事館まで行って、書類をもらってきました。

私は戸籍謄本がいるってことをすっかり忘れてて、先日わざわざ日本から送ってもらったんだけど、これから結婚する方がいれば、スペインに行く前に戸籍謄本持って行くの忘れないでくださいね!


で、全ての書類を記入したら、FAXかメールで書類が正しく記入出来たか領事館(または大使館)で確認してもらいます。

その後、問題がなければ書類を直接提出、または郵送します。

以上の一連の手続きを経て、スペインでの婚姻の事実が日本でも受理され、晴れて(?)日本での戸籍上でも夫婦となるのでした。

スペインでのビザに追われ、意外と忘れがちなこの作業ですが、必要なことですので、一応記載しておきます。

それでは、2010年がみなさまにとって素晴らしい年になりますように。

今年もよろしくお願いします。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

居住許可証申請(1)


結婚式を終え、只今、居住許可証取得のための手続き中。

忘れていたけど、ここはスペイン!!

結婚したとはいえ、ビザ取得の壁は厚い。


まず、私達は市役所婚だったので、市役所でサインした書類をregistro civilという色々な書類が登記されている所(区役所とかそんなところにあたると思うんだけど)へ持って行き、日本なら戸籍にあたるLibro de la Familia(家族構成の本)と、結婚証明証を作ってもらいます。

これをもらうまでに申請してから2週間くらい。


ちなみにビザ取得のための必要な書類は、下記の通り。(あくまでもAlicanteの情報です)
@Libro de la familia
AInscripcion de Matrimonio(結婚証明書)
B私のパスポートと、そのコピー(白紙も含めて全ページ分)
C彼のDNI(IDカード)とそのコピー
D写真×3枚
E居住許可証申請用紙(ネットでダウンロード)


これらを用意して、警察の外国人登録課に行くんだけど、行く前にアポを取ります。

で、WEBで確認してAlicanteの警察の外国人登録課のアポ専用番号に電話したんだけど、これが話中で。
窓口が開いてる9時〜14時までずーーーーーっと話中。

仕方ないので、もう一個の代表番号にかけるんだけど、こちらは呼び出し音が鳴っても誰も出ない。
本当にこの番号であってるのか?ってくらい。音沙汰なし。

これが2日間続いたので、仕方なくAlicanteで学生ビザを更新したところの警察に直接出向くハメに。


すると、、

「あぁ、アポ取るならここじゃなくて向こうの外国人登録課に行ってくれ!」ってAlicante内にあるもうひとつの警察に行けといわれ、、

そっちの警察に着いて事情を話すと「アポ!?アポはインターネットで取るんだよ!」とあしらわれたので、
「じゃ、そのアドレス教えて」って言っても彼は知らない。(ありえなくない?)
「じゃ、あそこに並んでくれる?」と10人くらい列を成してる場所を指され、言われたところに並び待つこと20分。

そこの人に事情を話すと「じゃ、この番号取って並んで。中の人が教えてくれるから」って更に回され、
自分の番号が呼ばれるまで待つことなんと1時間!!

やっと自分の番号が呼ばれ、分かる人に出会えたと思ったら、たった3枚の紙を渡され

「ここに必要事項が書いてあるから、この通りに予約して、あなたのemailにアポの日の連絡がくるから、そしたら必要書類そろえて申請に来なさい」って。


オイっ。

こんなの最初のところで出来たことじゃないの!?
せめて番号くれたオジサンがこの紙渡してくれても良かったんじゃないの!?
1時間も待つ必要なくない?!

ってか、ネットでアポ取るのが常ならどっかに大きく書いときなさいよ!!

等など、言いたいことはいっぱいあるけど、本当に彼らの仕事のやる気のなさにグッタリ。たらい回しもいいところ。

久々にスペインの洗礼を受けた感じで、改めてここはスペインだったんだ。。。
と、スペインに住むと決めたことを後悔せずにはいられない出来事でした。


ちなみに、先週の金曜日(6日)にネットからアポ申請し、本日(12日)に18日にアポが取れたと返事がきました〜。


余談ですが、この一件をテネリフェ島出身(※テネリフェ島は、カナリア諸島に属するアフリカ大陸に限りなく近い、スペインのリゾート地として有名)の友人に話したところ、

彼は、結婚後にマドリッドで住民登録をしに出向いた先で「テネリフェ?じゃ、警察の外国人登録課に行ってくれる?」と軽く言われたことがあるそうな。
彼はスペイン人だよっ!!

彼も、わが国ながら本当に恥ずかしいと申しておりました。

この国で大変な思いをするのは外国人だけじゃないみたいです。


★ALICANTE居住許可証申請用アポ申請ページはこちらから★
(ALICANTE専用)
http://www.consultor.com/oue/
→MODO PARA PREZENTACION DE SOLICITUDES
→CITA-4 へ。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

ご報告

091101_1.jpg
私事で恐縮ですが、先週末結婚いたしました。

日本に居る間、相方の家族が準備を進めてくれていて、無事に式を挙げることができました。

市役所婚だったので、さっぱりした式をイメージしていたら、日本の教会の式のイメージに近かい式でした。

まず、新郎は市役所の前で新婦の到着を待ちます。
このときすでに招待客も一緒に新婦の到着を待っています。

その後、新婦が到着して皆で一緒に市役所の中に入っていくのね。

で、市会議員さんのありがたいお話を聞いて、
091101_02.jpg
そうそう、結局ドレスは着物にしたのね。

それで終わりかとおもったら、友人によるサプライズスピーチが。
091101_021.jpg

guapa姉妹ちゃん達は、お姉ちゃんが指輪、妹がお花を渡してくれる係りだったので、
091101_03.jpg
スピーチの間もちゃんと待っているお姉ちゃん。

妹ちゃんも
0911033.jpg
ちゃんとスピーチを聞いているかと思いきや、、

0911022.jpg
お父さんのスピーチが始まった途端、

091101_04.jpg
グッスリ


それでもスピーチは無事に終わり、指輪交換へ。
091101_05.jpg
指輪がなかなか取れなくてね・・・お姉ちゃんも困り顔ですよ。

で、お決まりの誓いのチュウがあって、

その後は誓約書(?)みたいなのにサイン。
091101_06.jpg
右のカップルは相方の妹夫婦。
私達の結婚の承認になってくれます。
みんなで普段は市議会が開かれている机まで上り、そこでサイン。

その後は市役所を後にして
091101_07.jpg

披露宴会場へ。

091101_09.jpg
試食会後、急遽みんなのプレートに折鶴を乗せたくて、3人がかりで100羽以上折ったの。。折鶴分かるかな?

料理は、試食会で出たものと飾りつけが微妙に違うくらいで、同じものが出てました。もちろんあまり食べられずね・・・・

091101_10.jpg
会場の雰囲気はこんな感じ。

披露宴で日本と決定的に違うのは、こっちは披露宴の司会がいないってこと。

乾杯もせずに食事が始まり、色々騒いで、さらにはその間に新郎新婦が食事中に皆のテーブルを周って挨拶するんだよ!!

なので慌しいったらありゃしない。

しかも新郎新婦最初は一緒に周っていても、そのうち別々に周るから、つたないスペイン語でごまかすしかないし。

なんなら一度も会ったこともない、相方のお父さんの従兄弟とか居て、誰ですか?って感じなんだけど適当にごまかしたりして、本当にいろんな意味で疲れた・・・

まぁ、そんな気まずい挨拶の時間もいずれは終わり、ケーキ入刀へ。
091101_11.jpg
全くこだわりがなかったので、何でも良かったんだけど、右下の新郎新婦の人形?!パネルにご注目。

う〜ん、コレはどうだろ。。。って思ったのは私だけ?

とりあえずケーキも食べて、これで終わりたいんだけど、なんせ司会がいないから、なかなか終わるに終わらず。


市役所での式が8時から始まり、披露宴は10時から。

結局、この日家に帰ったのは夜中の3時過ぎ。

スペイン人パワーに圧倒されっぱなしの、なんとも慌しい結婚式となりました。

感想は、、思ったより楽しかったけど、もう二度とやりたくない。かな。


スペインでご結婚された方、これからされる方、出席した方、、もちろん色々と感想はあると思いますが、コレはあくまでも私の体験談と感想です。

少しでもスペインの結婚式の雰囲気を伝えられたら幸いです。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

スペイン婚姻手続(2)

090511.jpg
皆様、先日はお祝いコメントたくさんにありがとうございました!

さて、本日、GW中に翻訳した書類を持っていよいよスペイン大使館へ。

GW明けに、一応スペイン大使館にTELして、翻訳で不安な箇所があるからFAXでチェックしてもらえるのか聞いてみたら、もちろんNOだった・・・

なんかWEBからの情報によると(不確かだけど)、スペインの日本大使館では翻訳された書類がもらえるんだって!(もちろん手数料払うけど)それホント?

まぁ、でもスペイン大使館のおじ様は「よほどなことがない限り、こちらで訂正して送り返します。」と言ってくれました。

郵送で送ってもOKだったんだけど、天気良かったし、ちょっと懐かしくもあったので、今朝の気分で大使館へ。

窓口で書類確認後、返信用封筒と翻訳手数料を払い、領収書をもらって翻訳証明書の申請終了。わずか5〜10分程度。

10日〜2週間くらいで届きます。とのことでした。

窓口でTEL番も控えられ「何かあれば連絡します」と言われました。

無事に証明書が発行されますように!!

そんな訳で、3年前に通った六本木一丁目の泉ガーデンタワーを懐かしく思いながら、本日無事に申請終了です。

あの頃はまたスペイン大使館にお世話になるなんて思ってなかったよな。

人生って何が起こるかわかりません。


banner_01.gif←本日も応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 21:52| Comment(6) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。