2007年07月19日

Granada〜Alhambra編〜

070718_09.jpg
スペイン周遊、4都市目。Guranada。

ロンダからGranadaへはRenfe(電車)で約2時間半。
Granadaは2度目だったんだけど、今回の目玉はなんといってもアルハンブラ宮殿!(ちなみにスペ語ではAlhambraの"H"を発音しないため、"アランブラ宮殿"になります)前回見逃してたからね〜。

スペインで人気No.1の観光スポット、アルハンブラ宮殿は入場制限が設けられていて、事前予約が必要です。
1)スペイン国内のBBVAという銀行で入場券を事前予約する。
2)インターネットで予約


旅行前にのんびりしてた私達は、セビージャ旅行中にBBVAに入場券を購入しに行ったところ、向こう2週間はすべて完売!

こうなったら残された手は2つ。
3)朝6時頃から当日券をGETするために並ぶ。
(ちなみにオープンは8:30)
4)Granadaのカテドラル横にあるinformacionでbono turisticoを買う。
このカード、24.5ユーロ(約4,000円)くらいするんだけど、アランブラの入場券、Guranada周遊ツアーバス、カテドラルの入場券、Granada市バス9回券、その他ちょっとした割引などついてるお得なturistoカードです。カード購入時にアルハンブラ宮殿の希望入場時間を予約できます。その時間に合わせてアルハンブラ宮殿に行けばOKというすぐれもの。

ちなみに入場券のみは10ユーロ(約1,700円)。なのでバスで移動する予定がある人、カテドラル行きたい人などはこっちの方がお得かも!?

私達は早起きが嫌だったので、bono turisticoを購入。

イスラムのスペイン支配最後の牙城、アルハンブラ宮殿。イスラム最後の砦となったアルハンブラ宮殿は、一歩中に入ると、イスラム芸術の結晶とでも言いましょうか、とにかく幻想的。
「王は魔法を使って宮殿を完成させた」(地球の歩き方スペインより引用)と言われるのも納得。

事前にアルハンブラについての予習も怠っていた私達は、とりあえずどこの広場が何の意味をしているかも分からず入場。

↓こちらアラヤネスの中庭
070718_02.jpg
正面にみえるのが、宮内の塔の中で最大のコマレスの塔。その昔ゲスト達は水の芸術に感動しながらコマレスの塔の中にある大使の間に通されたそうな。

そのまま進むと、王の居住空間だったライオンの中庭へ。
070718_07.jpg

・・・てか、ライオンどこだよっ!?

本来ならこの正面に見えるガラスケースに囲まれた噴水の周りを12頭のライオンが囲ってるんだけど、運悪くこの期間はライオン修復期間ってことで、ライオンが1頭残らず撤去されてました。。。

070718_08.jpg
でもどうですか、この柱。この中庭は大理石を用いた124本の柱で埋め尽くされているらしいです。


さらに進むとヘネラリフェ庭園へ。
070718_05.jpg
もうさ、なんせ暑くって、この噴水にどれだけ癒されたことか。本来ならこの庭園、バラやサルビアなど色々咲いてるらしいのですが、
時期が遅かったのかしら?お花たちはあまり見られず。

で、真剣に見て周ると、気づいたら3時間くらい経っちゃって、それでもグルグルしてたらこんな水辺に到着。
070718_04.jpg
ここは、なんていう広場(?)なんでしょうか?ちょっと名前が見つからず。それでも癒され広場だったので、フォトポイントに。

その後なんだかんだ見て周って、10時に入場し、アルハンブラを後にしたのは午後2時。どんだけ見てんだよ、ってね。これもイスラム・マジックやね。

暑さと観光でクタクタになった私達。その後はアイスを食べて、オスタルでシエスタ。

で、夜は、また観光ね。なんせ妹は初のGranadaですし。アラブ人街のアルバイシン地区でお土産なんか買っちゃったり。本気でアラビアンなクッションカバーやベットカバー欲しかった。。

お買い物後はアルハンブラ宮殿を一望できるアルバイシンの展望台から夜のアルハンブラ宮殿を拝む。
070718_06.jpg
アラビアンナイトの世界、ここにあり。です。

いろんな顔を持つスペイン。
なんだかんだ言ってもやっぱりスペインのトリコです。

つづく・・・

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | グラナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

グラナダ旅行記 その2

061107.jpg
グラナダ滞在3日目。

この日はゆっくり起きて、David & Mamenの家族、友人を含め総勢30人近くで大ランチ。皆でDavidの個展の成功を祈って乾杯しました〜。

そしてその後はSeteと一緒にアルコセブレから来たSeteの彼女のElena、Seteの友人Mercheと3人で、友達の住むAlbaicinの裏山、Sacromonteの城壁をめざし、山登りに出発!!

すると!!

城壁までの途中、いくつも洞窟を発見!そしてこの洞窟、人が住んでる〜〜っ!

いつの間にかElena、洞窟の外で本を読んでる男性に「家の中見せてくれる?」って交渉開始。そして彼は快く私達に中を案内してくれました。さらには紅茶まで入れてもてなしてくれたり。(上記写真、紅茶を入れてる図)

061107_02.jpg
↑この家(洞窟)はベッドルームが2つにサロンが1つ。
もちろん、電気、水道は引いてません。

この風変わりな彼、Murcia出身のJoan。この洞窟にもう1年くらい住んでるそうです。普段はcentro(街の中心)で音楽の先生していて、オートバイでSacromonteとcentroを毎日往復するそうです。
水や食料などもcentroから運び、郵便物は近くの郵便局まで月に何度か取りに行くそうな。お風呂は山の上の方にある、誰かが引いた水でシャワーを浴びてるらしい・・・

私は洞窟ってジプシーしか住んでないのかと思っていたので、centroに仕事がある人がなんでわざわざ洞窟に住んでんだろう、って興味津々にあれこれ聞きまくってたんですが、嫌な顔せず色々答えてくれて、とっても親切な兄さんでした。最後にはメルアド交換したりして。洞窟に住んでるのにEメールチェックするんだ・・・

「何で洞窟に住もうと思ったの?」って聞いたら、「1、2年くらいこういう経験がしてみたくて」とのこと。
私もスペインに来た理由を聞かれたらまずこう答えるだろうな・・ってね。本当の理由はきっと彼の中にあるんだろうな、って聞いた後に思ったのね。


山からはグラナダが一望でき、アランブラ宮殿と夕日を見ながら一日が終わる。一見、不便そうなここの暮らし、実はすごい贅沢なんじゃないかなぁ、なんて話しながら私達は山を下ったのでした。


アランブラ宮殿には結局行けなかったけど、ちょっと変わったグラナダ旅行になりました。

実はあまりにsacromoteが気に入った私達、グラナダを発つ朝もまた山に登り、朝日の中のグラナダを一望した後、それぞれの帰路に着いたのでした〜。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | グラナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

グラナダ旅行記 その1

061028_02.jpg
先週、グラナダへ行ってきました!

イギリス時代の友人Davidがグラナダで個展を開くということで、お手伝いも兼ねてサラマンカからバスでグラナダ入り。

この友人はイギリス人で、良く通ったBARのマスター。本職はアーティスト。
で、彼の彼女はイギリス時代に一緒だった、スペイン人のMamen。サラマンカ在住。でもサラマンカといっても、彼らはサラマンカ郊外のところに住んでいるので、遠くて滅多に会えないんだけどね。
でも彼女の両親の家が偶然にも私のピソから徒歩1分!初めて聞いたときはお互いビックリ!

それはさておき・・・

初のグラナダ。行きは一人でのバス旅行だったんだけど、生憎の雨。サラマンカからマドリッドで乗り換え、グラナダまで片道8時間。辛いよ・・・

グラナダにはまたまたイギリス時代に一緒だったスペイン人の友達Manuelが住んでいるので、皆で彼の家にお世話になることに。一軒家で、めっちゃ広い!そしてそこを友達のDanieraと2人だけで住んでます。

木曜の夜にグラナダ入りし、金曜の夜がオープニングパーティ。

パーティ当日は朝からすんごいバタバタでした。
なんでもっと事前に準備しないのさっ!?って疑問に思ってしまうくらい
絵の横に付けるラベル作りを朝から皆でお手伝い。正直「今作るの!?」って、かなりビックリよ。日本だったらクライアントに怒られるよっ!

パーティの夜も生憎の雨でしたが、8:30pmには満員御礼!
061028_02.jpg
前にブログで紹介したアルコセブレ在住のSeteも駆けつけ、8年ぶりにちょっとした同窓会となりました。

061028_02.jpg
さらにカクテルテーブルには、グラナダの象徴ともなってるパッションフルーツ(日本ではなんて言う名前?)その名も「グラナダ」の姿も。


061028_02.jpg
↑そして今回お世話になったDaniera & Manuel。guaposです。

11:00pm頃にパーティは幕を閉じ、仲間内で近くのBARでお疲れ様会。David&Mamenはやっと開放されたようで、ここでようやくいつもの笑顔に戻ってました。

グラナダ滞在2日目、街はまだ夜しか見てません・・・

そして、グラナダ、坂が多いよ。。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | グラナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。