2010年04月29日

苦手なもの

100428_01.jpg
しばらくぶりの更新です。気づけば、4月ももう終わりますね・・・

今日は、最近衣替えしてベッドリネンを変えたので、こちらのベッド事情について。

スペインの朝はベッドメイキングから始まります。
私、実は家事の中でこの作業が一番苦手。

100428_02.jpg
まずはシーツ(写真・青色部分)をピンと張ります。

次に、シーツと同じ生地だけどシーツじゃない、日本で言うならタオルケットの位置を占めるであろうものをかけます(写真・緑色部分)。
どちらも春・夏ものは綿100%が主流。

寝るときは、この、青と緑の間に入って寝るワケです。
(写真がちょっと分かりにくいですが・・・)

ちなみに、この二つともスペイン語ではSabana(シーツ)といい、下のSabanaはただのSabana。上のはかける用のSabanaといった具合に分けられているみたい。

スペインに住んだばかりの頃は、この上にかけるSabanaにどうしても慣れなかった。

日本の肌ざわりの優しいタオルケットに慣れていると、なんでシーツの間に寝ないといけないんだ?と漠然とした疑問があったり。

でも、コレ、慣れると夏はひんやりしてて快適です。

だけど、この上にくるSabanaのせいでベッドベイキングがかなり面倒くさい。

ダブルベッドになると、尚さら面倒くさい。

手を伸ばして向こう側も一緒にキレイに、とはいかないので、何度もベッドのこちら側と、あちら側を往復するハメになるのです。

何度も往復して、大体、ピンとなったら
100428_03.jpg
↑このようにSabanaの端はマッドレスの下に入れます。
ここでもこちら側と向こう側の往復。

で、ようやく、Sabana上下がキレイになったら、その上に掛け布団をかけます。
掛け布団も、人によってはマットレスの下に端を入れる人も居れば、端はダラリとさせる人もいたり。私は足元だけマットレスの下に入れる派です。(TOP写真参照)

これで、ようやく朝の大仕事が終ります。

やらなくて済むなら、どんなに朝が楽だろう・・・と毎日重い腰をあげながらベッドメイキングしてます。

でも、ベッドがキレイになってないと、部屋がキレイに見えませんしね。

まぁ、そんな苦手意識からか、私は初めて友人宅にお邪魔するとき、ベッドが気になって仕方ありません。

どんな仕組みになってるのか、ここの家もSabanaを上下使っているのか、Sabanaはマットレスの下にIN派か?などなど。

未だかつて、日本のタオルケットの様なものを使ってるお宅には出会ったことがありません。

お店でも売ってるのみたことないけど・・・私の勝手な分析によるとスペイン人はタオルケットの存在を知らない。という結果に至りますが・・・真相はいかに!?


みなさんもスペインに遊びに来たら、是非ホテル、友人宅など、ベッドをチェックしてみてください。
日本とは違った発見がありますよ!!


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

スペインでの仕事

100310.jpg
そういえば、少し前から仕事が始まりました。

居住ビザを申請してから約4ヶ月。
やっとのことスペインで仕事に就くことが出来ました。

思えば2年前、なんとしてでもやりたかった仕事に就けず、、
そこから人生が変わったような。。


現在、失業率20%越えのスペインで、ほぼ仕事は諦めかけていたのですが、吉報は期待しないとやってくるものですね。

仕事は、貿易の仕事です。

好きなことばかりして、のらりくらりと生きてきた32年間。
誇れるものなんて何もないけど、スペインに来てからいつか自分の話せる言語を生かして仕事が出来たらいいなぁ、と漠然と思っていたので、決まった時は嬉しかった!

面接もかなり簡単で・・・
「明日から来れる?」みたいな。


で、先週。
会社でお刺身を頂きました。
(といっても、見栄えが悪く商品にならないものだったので)
スペイン人や他の国籍の同僚達はだれも食べないから・・・

数ヶ月ぶりのお刺身に大興奮で、久々に鉄火丼にしてみたよ。
マグロの赤身をただ乗せただけですが、、、
スペインではなんと言う贅沢♪


そんでもって、この国で仕事をしてみて一番驚いたことは、、

みんな定時に帰ること。

定時は5時なんだけど、5分くらい前になると、みんなササーっと片付けて、5時1分には退室。

「もうちょっとやればキリが良いのに!」って思うことでも「マニャーナ!(明日ね!)といって終わりにしちゃうの。
なんだかカルチャーショック。


さらには、

情報の共有が全くされないこと。

社内のミーティングなんてもちろんありません。
(うちの会社だけかもしれないけど)

社内LANもナシ。

担当者が違うと、クライアントとの進捗状況が一切見えない。
なので、担当者がいないと、誰も状況を把握してないワケで。

スペインで何度も客の立場として経験したことが、まさにココにあり。みたいな。

どうすれば改善できるんだろう。。と思いつつも、ここに疑問を抱かない同僚達ばかりなので、この気持ちがうまく伝わらない。。

まぁ、いろんなことが初めてで、大変なこともあるけれど、やり甲斐のある仕事なので、なんとか頑張ります。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

スペインMODA

071205.jpg
今日はちょっと下着のお話。

街を歩けばクリスマスムード一色のSevilla。そんな中、私が着になるのが下着屋さん。ショーウィンドウには「赤」をメインにしたディスプレイが。
071205_02.jpg
スペインでは、大晦日に男女ともに赤の下着をつけて新年のGOOD LUCKを迎えるのが習慣だそう。日本はそんな習慣ないよね?

スペインの下着、こっちに来る前までは「日本ほど種類あるかな〜。」とか色々不安もあったりしたけど、スペインでよく見かける下着屋さんwomen's secretなんかには日本に負けないくらい種類豊富です。パンツもヒップハングからTバックまで色々。むしろTバックのが種類多いんじゃないの?ってくらい。
そうかと思えば、キティちゃんやスヌーピーとかプリントされたヒップハングのパンツがドーーーンとディスプレイされてたり「子供かっ?」てね。スペ人の好みは分かりません・・

で、下着の話からこの前、友達のドイツ人、スペイン人(女の子)と、ムダ毛の話をしている時に、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。ビックリすることにヨーロッパ女子大半は下の毛を(vello publico)を縦ラインやハートなどにオシャレにカットするか、ノーヘアにするか、とにかくそっち側の毛もキレイにお手入れするのが数年前からのモードなんだとか。ちなみに縦ラインに整えられたカットのことをスペインではa la brasilen~o(ブラジル風)って呼ぶらしい。ウケル。元祖はブラジルなんだね。さすがリオのカーニバル。

で、日本人はどうしてるの?って聞かれて「水着の時くらいしか、気にしない」って応えたら、皆に逆にビックリされた。「それじゃ皆bosque(森)じゃないのっ!!」っつって。
えぇ、bosqueですよ。だって日本人でそんなんやってる人、聞いたこともないよね?この回答間違ってないよね?

ちなみに、女性ばかりかと思いきや、男性もそちら側の毛はもちろん、胸毛やワキ毛を剃る人もいるんだって!!ちなみにそのドイツ人の子は「男性もツルツルじゃなきゃイヤッ!!」って言ってました。それじゃ子供ジャンね。。

なんか今日は下ネタかっ?って感じですが、あくまでも、本質はスペイン留学ブログですので、これからもヨロシクね。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

男女8人スペ語物語

060901.jpg
スペイン出発まであと日。いよいよ来週の今日出発します。

昨日はスペ語教室の皆が壮行会をしてくれました!
場所は旬のサカナと旨い酒 海仙楽@恵比寿。

写真手前の青と金のお魚は、S田夫妻のスペイン土産の鰯チョコ。(ルアーじゃないよ!)
皆で刺身盛りに並べて遊んでました。自然でしょ?

ここのお店、雰囲気とっても良いし、魚は新鮮、お酒は種類豊富でしかも旨い!ときたもんだ。「旬のサカナと旨い酒」ってうたってるだけのことはある。

先生もここのマグロのカマ食べて「涙が出るほど美味しい!」って大絶賛でした。やっぱサカナは日本に限るねぇ。

そして日本酒に焼酎に泡盛に・・
ここの男女8人は酒豪か!?ってくらいお酒を並べ、さらに飲んで勢いがついたのか、授業中よりも皆積極的にスペ語を喋る、しゃべる。(それでも日本語話してる方が多いけどね。。)
今後は授業前に一杯ひっかけてから参加ってのはどうかね? 

持論ですが、スペイン好きな人って飲兵衛多いよね?もちろん私もそのうちの一人であることは言うまでもないですが。

060901_02.jpg
そして上↑は皆から頂いたプレゼント。Muchas gracias!
お花、スペインのBARがわかる本、スペイン語ジェスチャー小辞典、スペインのノンカロリービスケットに、S子ちゃんからはなんと夫婦箸!!
スペインで素敵なダーリンと使える日が来ますように!
「夫」の方が無駄になりませんように!


去年初めから通いだしたこの教室。
最初は皆とこんなに仲良くなれるなんて思ってませんでした。
やっぱり同じ目標に向かって勉強してるからでしょうか?飲み会を重ねる毎に仲良くなります。

とっても素敵な仲間に恵まれ楽しく勉強出来ました。ありがとうございました!

スペインから帰国したら、もう一度ここの教室に通いたいな。そして先生にペラペラ喋りかけてビックリさせたい。
なんせいつも「No entiendo(分かりません)」ばっかりだから。。

banner_01.gif
↑本日も応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

出会い

060825.jpg
スペイン出発まであと15日。

今日は嬉しい出会いがありました!

友人と飲んだ帰りに、地元近くの駅でペルー人の女性とお知り合いになりました。

実は、家の近所には南米の方(主にペルー)が多く住んでいます。

スペイン語を習い始めた去年頃から、やたらとスペイン語の会話が耳に入ってくるので気になってはいたのですが、なかなかお話しする機会にも恵まれず今に至る。

今日は電車を待ってる間に思い切って話しかけてみました。

そもそも、彼女が「コノ デンシャ ハ ○○マデ イキマスカ?」と話しかけてくれたのがキッカケ。

ホームに着いた時から、「彼女はスペイン語圏の人だ!」って私のラテンアンテナが反応。そしてうれしい事に彼女からのその一声。待ってました!

酔っ払っていた勢いも手伝って「Hablas Espanol?」って聞いてみました。

彼女は珍しそうに、でも笑顔で「Si,Si!」って答えてくれました♪

それから一緒に電車に乗り、私が降りる駅までの間、スペイン語の先生になってくれました〜!

時間にして10分くらい。とってもキレイなスペイン語でやさしく答えてくれた彼女。実は2児の母でした。

国は違えど、言葉が通じるってなんて素晴らしい!!酔っ払いながらもスペイン語を話せて良かった〜♪(でもすべて現在形・・・)

そして彼女が私の携帯の番号を聞いてくれたので、番号を伝えました。
再来週にはスペイン行っちゃうから、それまでにTELくれると良いなぁ。

banner_01.gif
↑こんな酔っ払いに本日も応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。