2009年06月28日

靴天国(2)

090629_01.jpg
以前も、ご紹介したスペインのセレブ靴。

今回、遥々海を越えてスペインから届きました〜!

最近すっかり忘れてたけど、Elcheの良いところってこういうところ。
靴がステキすぎ。デザイン豊富でしかも安い!!
そのスペインの婦人靴6割以上が、Elcheとお隣Eldaという小さな町で作られています。

ハァ〜、ウットリ♪

上の写真の靴なんて、まさに横浜をイメージしたかのようなマリンテイスト。Y150の開港際にもってこいですね。

もちろんブランドは、私が愛してやまない、スペインセレブ靴の代表格(勝手に呼んでるだけ)Pedro Miralles。Elcheブランドです。

こっちもPedro Miralles
090629_02.jpg
しかも
090629_03.jpg
↑ココなんて、手作業なんだって!

この繊細なことって言ったら、ホントにスペイン人が作ってるの?って疑問すら抱いてしまう。

スペイン人、やれば出来るジャン!!


そんなワケで、夏が待ち遠しい今日この頃です。

皆さんもスペインへ旅行の際は、Pedro Miralles要チェックです!

banner_01.gif←本日も応援クリックpor favor!


posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スペインハマリもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

お気に入りスペインBlog

090404_02.jpg
おや!?今日はなんだか雰囲気が違う!?と思ったそこのアナタ。正解です。

今日は是非みなさんに読んで欲しい、イチオシのスペインBlogのご紹介!

以前スペイン、バルセロナに留学されていたひつじのメイさんの、
ひつじのメイのスペイン・バルセロナ留学絵日記

上のようなやわらかく、やさしいイラストで、トラブル満載だった留学生活を、面白おかしくイラストで綴っています。コミカルな中に、人との出会いを通して見える国境の壁など、考えさせられることもアリ。

さらにはバルセロナの観光名所を色鮮やかなイラストで紹介したりと、スペインをより身近に感じてもらえること間違いナシです。

気づいたら、毎回更新されるのが楽しみになってました。


そして先日、メイさんにBlog紹介の記事を書かせてほしいとお願いしたところ、、

なんと!!

嬉しいことに、そんなメイさんが、私の以前の記事をイラスト化してくれました〜!もう、涙、感激、雨アラレです。

では、いってみよ〜!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2週間後くらいに相方の従姉妹の結婚式を控えたある日のこと。

彼の結婚式用のシャツを見せてもらうと、なんと!!
090404_01.jpg
彼の一張羅は変なピンクかワインレッドのシャツのみ。まるでホストか!?みたいな。

そこへ・・・
090404_02.jpg
ドーーンッ!姑登場。

ん?私のサルバって何だ!?


それでも私が「いや、でもその色は派手すぎますよ・・・」って言ってたら、相方もママも、それなら他のシャツを買いに行こうか。ってことになった。ありがたや、ありがたや〜。


で、相方が仕事に出た翌朝。
090404_03.jpg

090404_04.jpg

そして連れて行かれた先は・・・
090404_05.jpg
ドヨ〜ン・・・

日本で言うなら商店街の中にあるような、老舗の洋服屋さんみたいな、個人的には全く好みではないお店。Sevillaでは見たことないようなお店がElcheにはたくさんあります。

仕方なくシャツを選び始めるが・・・
090404_06.jpg
ママはハデ系、私は地味系を選ぶので「torったら地味よっ!」なんて言われつつ、なかなか合意に至るシャツがない。

そして、何件か同じようなお店をハシゴした後、いい加減ママの選ぶシャツにNoばかり言ってられない&相方のシャツなんてもうどうでも良いよ・・・って気分になった最後の1件目。
090404_07.jpg
ミラクルが起きた!ママさんが比較的地味なシャツをチョイス!

090404_08.jpg
個人的にはそれも全然好きじゃなかったけどもうそれでイイヤっていう気持ちで、それを購入。

でも結局、帰宅後の相方も、ありがたいことに、そのシャツを気に入らなかったようで、仲良く二人で即返品。

そしてこの事件以降、相方の服をママが買いに行くことはなくなりましたとさ。

めでたし。めでたし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?

いつもの文章が、イラストがつくことでこんなに分かりやすく、楽しいblogになりました!

メイさん、改めてありがとうございました〜!
ひそかにメイさんのBlogが書籍化される日を楽しみにしてる私です。

これからもBlogを通じて、よろしくお願いいたします。

今ならメイさんオリジナルのカレーのレシピも見れちゃう、そんなひつじのメイさんのBlogはコチラからどうぞ。

banner_01.gif←本日も応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | スペインハマリもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

大好き!スペインドラマ

20090210_01.jpg
先日、スペインから誕生日プレゼントが届きました〜♪

スペインでハマッたTVドラマシリーズLos hombres de Paco(直訳:パコの男達?)のDVD。

ただ今、スペインではシリーズ7(か、6)が放映中ですが、このDVDパックはシリーズ4まで揃ってます♪
うれしぃ〜!!

で、ビックリすることに、中はこれ。
20090210_02.jpg
ジャ〜ンっ!
えっ??DVDが裸で入ってるんですけど、、、
DVDのコンプレートパックってこんなんなの?それともこれがスペイン流!?

まぁ、何はともあれ、ちゃんと観れるからヨシ。

これは、スペイン版太陽にほえろって感じかしら?

主人公の刑事のパコを中心に、その仲間たちや家族との笑いアリ涙アリのコメディドラマ。

まだまだ私のスペ語力では、彼らのちょっとしたギャグが分からない時もあるから、一人で観てるとなんとも歯がゆいんだけどね。

何がこんなにハマルかって、まぁ、見てよ、この二人を。
20090210_03.jpg
左:パコの同僚、ルーカス役のHugo Silva
右:パコの娘、サラ役のMichelle Jenner

もう、美男美女なワケ。そんな二人がくっついたり離れたり。いや〜ん、気になってしょうがない。

サラちゃんも然ることながら、ルーカスなんて、スペインを代表するイケメン俳優なんじゃないかと勝手に思ってるし。そのうちハリウッドとか進出しちゃうんじゃないかな?

もう毎回、ル〜カス観たさに観てると言っても過言ではないくらい、guapo(男前)なのだ。

でもこんなに大好きなドラマですが、不満もあるのよ。

スペインのドラマって、人気があるとシリーズXって何クールもやるのね。でもそのうち、ドラマの俳優が人気出てきたりすると、事故に遭ったというシナリオで長いこと出てこなかったり、終いには殺されたり。

そんな感じで俳優陣が去っていくことも珍しくない。

ルーカスも前のシリーズでは、殺されたのか!?みたいな終わり方だったのよ。で、ルーカスLOVEのクラスメイトの話によると、舞台が忙しくてそんなシナリオになったって話です。

このまま最後まで、このメンツで終わりを迎えてくれることを祈るばかりです。

そして、次にスペイン帰るまで続いてますように・・・

banner_01.gif←本日も応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | スペインハマリもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

El nino con el pijama de rayas

09020901.jpg
今日は、最近読んだ、お勧めのスペイン本をご紹介。

El nino con el pijama de rayas(洋題:The boy in the striped pyjamas )

邦題はまだ分かっていません。直訳するなら縞模様のパジャマの男の子とか、かな?

これは、ナチス軍がポーランド人大量虐殺をしていた頃の話を、子供の目線で書いた物語。

ナチスの軍人を父に持つ主人公の男の子は、ある日突然、ベルリンの家を父の仕事の為に引っ越さなければならないと、母から告げられる。

大好きだった大きな家を離れた先は、八百屋も肉屋も何も無い、寂しく静まりかえった町アウシュビッツ。

そこには、今までのような同じ年の子供も、知ってる顔も誰もいない。

家に遊びに来るのは家庭教師か、父の仕事仲間の軍人だけ。

ふと、自分の部屋の窓から向こうを覗くと、裏の森の奥に大きな平坦な建物が見える。

その周りには、同じ縞模様のパジャマを着たおじいちゃん、お父さん、男の子の群集がずらり。

「なんで皆パジャマを着てるんだろう?どうして男の人ばかり居るんだろう?おばあちゃん、お母さん、女の子は、どこにいるんだろう?みんなあそこで何をしてるんだろう?」

そんな疑問を持った主人公は、数ヶ月経ったある日、森の中の有刺鉄線が張られた向こう側の建物まで探検に出かけます。

何時間もかけて歩き続け、辿り着いた有刺鉄線の向こうには、縞模様のパジャマを着た、色白のやせ細った同じ年くらいの少年がポツンと一人座っていました。

やっと新しい土地で出会った友達。
嬉しくなった主人公は、毎日彼に会いに行きました。それでも彼らは有刺鉄線越しにしか、会うことは許されません。

そして幼い二人は友情を育んでいくのですが・・・

といった、物語。

最後まで子供の目線で書かれているので、同じナチスのことを扱った本でも、今までとは違った角度から読めるのではないでしょうか。

そして、戦争は何も解決しない。こんな事が二度とあってはいけないんだ。と改めて思わされる一冊です。


何気に、スペ語の成人向けの本を一冊読みきったのはこれが初めて。
子供の目線だからかな?とても読みやすかったです。

スペインではすでに、同じタイトルで映画化もされていて、映画もなかなかの評判でしたよ。


スペ語が分からない人でも、本の様子が、こちらで少し伝わるかしら?

スペ語、英語が分かる方、是非読んでみてください。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | スペインハマリもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

レシピ本

081126_001.jpg
最近、スペインの料理雑誌が気になってね、よく買うの。

081126.jpg
月1で発売されるCocina Facil(簡単クッキング?)1.5ユーロは、レシピがシンプル&簡単でお気に入り。大体が30分くらいで出来るものばかり。

そんな、Cocina Facilに、先日オリエンタルメニューが掲載されてた。
081126_02.jpg
↑コチラ。
・Cerdo agridulce con arroz blanco(酢豚と白ご飯)
・Rollitos primavera con salsa de soja(春巻きと醤油)
・Helado de vainilla frito(バニラアイスのてんぷら)


春巻きは、スペインでも誰もが知ってるチャイニーズの定番メニュー。
スペインのスーパーでは春巻きの皮が売ってないので、ここのレシピではパスタの皮を代用してました。

野菜を炒めるのはもちろん、オリーブオイル。やっぱり胡麻油か、せめてサラダオイルがいいよね?

そして気になる、白ご飯の作り方は、
沸騰した水に塩を入れ、米を18〜20分茹でる。その後、水を切る。
とあった。

それじゃ、ダメだよ〜〜っ!!

お米の作り方がまるでなってない。それじゃパスタだ。

でも、スペインの白ご飯って、みんな大体こんな作り方します。誰もお米洗わないし。

せめて、料理雑誌くらい鍋で炊ける美味しい白ご飯の作り方を紹介して欲しかった。。

まぁ、アジア料理はともかく、色々なスペイン料理が参考になるのでヨシとします。

この雑誌見てて改めて気づかされことは、
スペイン料理はオリーブオイルを使わない料理がない。
と言っても過言ではない。日本の醤油みたいな、ね。


ちょっと余談ですが、カフェでトーストを頼むと、必ずと言って良いほどオリーブオイルが一緒に出てくる。

トーストにオリーブオイルひとまわり、塩をひとつまみふって食べるのがスペイン流。(もちろんバターもあるけど)私は、今ではバターやジャムで食べるより、むしろこっちがお気に入り。

さらにコレがグレードアップすると、
081126_04.jpg
トマトのすりおろし+オリーブオイル+塩。
(お好みでトーストににんにくをこすり、風味を付けてもGOOD!)

これにチーズやチョリソ、生ハムが付いたものは、ゴールデンコンビと勝手に呼ばせてもらおう。

ゴールデンコンビは日本ではちょっと難しいけど、トースト&オリーブオイル、是非みんなも試してみてね。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スペインハマリもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。