2006年03月17日

Tesis 次に私が殺される(Tesis)


dvd2.jpg


これはオープン・ユア・アイズで好きになったAlejandro Amenabar監督の作品。(画像怖いね・・)
オープン・ユア・アイズのエドゥアルド・ノリエガがまたまた出演。イケメンよねぇ〜。
女子大生がレポートの資料に、実際の殺人を撮った裏ビデオ(スナッフっていうの?)を見つけた事から事件に巻き込まれて行く。
ビデオに写っている被害者は行方不明になっている同じ大学の女の子。
私、こういうサイコ系(?)で話が2転、3転する映画が大好きです。
夜ひとりで見ちゃって、もう怖いったらない。。
英語でこういう映画を見るより、スペイン語のこういう映画の方が怖さが増すと感じるのは私だけでしょうか?

おすすめ度:★★★★★


posted by tortilla.de.patatas at 18:13| Comment(5) | TrackBack(0) | スペインCINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はAbre los ojosよりこっちの方が好きです。
Abre・・の方は、以前同居人たちと一緒にビデオ見てて、誰も最後まで起きていられなかった・・zzz。
タイトル通りの結末?(違う・・)
Posted by ウルコ at 2006年03月17日 20:40
なにーーー。けっこう前からかいてんじゃん!!
全然知らなかったし!!
スペ情報満載でよろしくね〜〜!!
やった〜またブログ仲間が増えたわ☆
Posted by じゅんこ at 2006年03月18日 01:36
>ウルコさん
コメントありがとうございます。
確かに、タイトル通りの結末ですね!
実際スペインでの評価はあまり良くなかったのでしょうか?
日本ではバニラスカイの宣伝で名が知れた感がありますが。。ネットを見ていると日本で上映されていないスペイン映画がまだまだあるようなので
スペインに行ったら映画も楽しみの一つです!

>じゅんこ
そうなの、ちょっと前から始めたんだけど、ブログ再デビューするほどネタもなかったからさ〜。
まぁいつまで続くかわからないけど・・
またブログ仲間としてもヨロシク☆
Posted by tortilla at 2006年03月20日 18:20
こんにちは!
私もこの映画好きです。スペイン語の授業で使われたのがきっかけで、知りました。
先が見えない怖さ・・・。
Alejandro Amenabar監督はすごいですよね!

Posted by オリーブ at 2006年03月20日 19:52
>オリーブさん
授業にこれですか?怖そう!
でも先生ナイスチョイスですね。
最近「海を飛ぶ夢」(MAR ADENTRO)を見んですけど、こちらも監督の才能が光ってますよね!
Posted by tortilla at 2006年03月22日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。