2011年04月11日

洗礼式

100409_01.jpg
この週末、相方の妹の子供、甥っ子の洗礼式がありました。

スペインではほとんどがカトリックなので、子供が生まれれば3〜5ヶ月目くらいで幼児洗礼式というものが行われます。
子供がカトリックの信仰を受けるというための儀式のようです。

この日は37度の真夏日!!

そんな常夏の中、お昼の1時から始まりました。

妹たち夫婦が結婚式を挙げた同じ教会にて、司祭さまのお話を聞き、
100409_02.jpg
(ごく内輪だけの洗礼式なので、かなり少人数。)

お話が終わると、いよいよ聖水を額にかけます。

100409_03.jpg
って、普通は多分仰向けに赤ちゃん抱いて、司祭さまが手で水をかける、、ってイメージだと思うんだけど、
どういうわけか甥っ子はうつ伏せのまま思いっきり水かけられてた。。。
それでも全然泣かず。一同ひと安心。

これにて甥っ子は神のご加護を受けられることになりました。

100409_04.jpg

いつまでも甥っ子が元気で幸せでありますように。


・・・で、この後は食事会場に移りスペイン人お馴染みの大宴会が始まります。

この日、私たち夫婦が帰宅したのは夜の12時・・・・
もちろん、Babyもその時間まで大人に付き合わされるのでした。

こんな小さいころからスペイン人の祭り好きの血は鍛えられるようです。

posted by tortilla.de.patatas at 04:46| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

日本帰国してました

110405.jpg
気がつけばもう4月。

先月は約1ヶ月ほど日本に滞在してました。

今さらですが、3月11日の東北関東大地震の日も日本にいました。

大勢の方が亡くなり、今でも多くの方が避難所生活を続けています。
一刻も早く、被災者の方が安心して眠れる日が来ること、被災地が復旧に向かうことを願わずにはいられません。
そしてこれ以上の被災者が出ないように。。。

そんな中、先日スペインに戻ると、日本の地震が嘘だったかのような日常が待っていたりして。
スペインでは今では朝と夜のニュースに少しだけ原発のニュースが流れるくらいです。

そのギャップにBlogも何を書いて良いのかな?って。

今まではこの日常が当たり前と思ってたけど、当たり前のことなんて一つもないんですね。


そんな中、今の会社の社長がうちの商品である食品をコンテナ1本分日本に寄付したいと言い出しました。
よくよく聞いてみたら「スペインまで取りに来てくれるなら」ってことだった。
私も日本の然るべきところに問い合わせたけど、「あ、日本にないんですね・・・」って。
もう少しだけ、社長に頑張っていただきたいところでしたが。
お気持ちだけ頂きます。

スペインでも多くの人が日本の一日も早い復興を望み、そして信じています。

今の日常が与えられていることに感謝し、私もスペインから出来ることをやっていこうと思います。





posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。