2010年10月24日

ELCHEタパスコンクール

101024_001.jpg
先週から始まった毎年恒例のELCHEタパスコンクール。

今年で5年目??私は今年が3回目。

参加BARは1〜2品、コンクール用にタパスを作り、期間中のみ一皿1.5ユーロ(約200円)で販売。
それを食べたお客さんがWEB投票し、ELCHEのタパスNo.1を決めるという、食いしん坊のスペインならではの企画。


早速、ご近所のyummyさん夫婦と一緒にタパスを食べに行ってきました!
タパスコンクールの時期が来ると、今年ももう少しで終わりかぁ、、なんて思うんだよね。

で、1件目。
101024_003.jpg
こちらはズッキーニの肉詰めとヤギのチーズのオーブン焼き。(多分、そんな感じ)。

クセのあるチーズがズッキーニの肉詰めにピッタリ。お家で真似出来るかな?

ココではもう一品頼んだんだけど、、そっちは微妙な一品でした。
それで1.5ユーロはどうなの?っていう。

で、2件目。
101024_007.jpg
Bodegon Alejandro

ここはELCHEにこんなところがあったの?っていうくらいちょっぴりオシャレな感じのBAR。

1品目。
101024_005.jpg
サバのパニーニ

独特のサバの臭さもなく、まぁ、可もなく不可もない、パニーニってところでポイントUP出来る1品。

2品目は
101024_004.jpg
Patatas bravasのピンチョ
patatas bravasは、揚げたポテトに、ピリ辛のソースがかかってるスペインの代表的なタパスです。

こちらはソースが好みの味だったので、◎。
サバのパニーニよりも美味しく頂きました。

そして食べながら次の行き先を決める相方達。ちなみに、この時点で既にみんな4品食してます。
101024_006.jpg
このタパスコンクール用に、各店のタパスの写真とMAPがついたパンフレットがあるんだよ。

そして、最後に辿り着いた3件目。

こちらで頂いたのは
101024_008.jpg
チキンのハニーマスタードソースのタパス。
下はパンね。

コレがこの日の5品目のタパス。
さすがの食いしん坊な私でも、この5品目でかなりお腹いっぱいに。

それでも、頼んでしまったこちらのお店の2品目。
101024_010.jpg
チョリソのタパス。

こちらもパンがかなりボリュームありで、6品目にコレは厳しかった・・・

それでもココのタパスはコストパフォーマンス的にはじゃないかしら?

タパスの出来なら、1件目のズッキーニがお勧めかな?

ELCHEにはサラマンカ時代に楽しんだようなタパス文化がないので、このタパスコンクールはかなり嬉しいイベントです。
この文化をELCHEでも根付かせればいいのにな、って思うのは私だけじゃないハズ。。

ちなみにこのタパスコンクール、11月下旬まで続くので、この時期ELCHEにお越しの際は、タパスコンクール出展のBARを見つけてみてね☆

posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | スペイングルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。