2010年02月03日

居住許可書申請(2)

100203.jpg
最初の居住許可申請記事からだいぶ時間が空いてしまいましたが、その後の居住許可のビザについて。

去年の11月に警察のアポが取れ、外国人課に出向き申請書類一式を提出。その日は提出のみ。

その1ヶ月後に警察から手紙が来て、申請が通ったので1月28日に来てください。とのこと。

第2回目に必要なものは
@警察からの手紙
A証明写真×2
B有効期限内のパスポート
C住民票
D過去に学生ビザなどを持っていたら、そのビザ


といった感じ。

必要なものを揃え、当日12時ごろに出頭。
警察からの手紙を見せ、ビザの手続きに来た旨を説明すると、窓口で書類を渡され「銀行でこの税金払ってからまた並んでくれる?」と。

ビザ申請のための税金10ユーロ(約1400円)。

税金を払うため、再び来た道を引き返し銀行探し。
幸い、近くに銀行があったので、銀行で支払いを済ませ、再び警察の窓口へ。

窓口にはもちろん、この日のアポの人が列をなしてます。
20分くらい待ち、自分の番がきて、写真、必要書類を提出し、指紋採取。

引き換え証(?)みたいなものを渡され、これにてこの日の手続きは終了。

1ヵ月後にやっとのこと居住許可証(NIE)が発行されるわけです。
私の場合、30日後にELCHEの警察に取りに行くようにとの指示でした。


いつも思うんだけどさ、税金の振込用紙を最初から手紙に入れておけばもっと効率良いと思うんだけど。誰も考えないのかな?

何はともあれ、居住許可証が受け取れる日まであと一歩となりました。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!


posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。