2010年02月25日

スペインのスイーツ

100222.jpg毎度毎度、食べ物の話で恐縮ですが、この間頂いたケーキにかなりの衝撃を受けたのでご紹介。

右のケーキ、コレ、何がはさんであるか分かります?

生クリーム?カスタード!?

なんとこれ、実はメレンゲ

ミルフィーユのような生地の間に挟んであるのは、15cm以上はあろうかというメレンゲ。しかもメレンゲのみ。フルーツも何も入ってない。

これを嬉しそうに食べ尽くす友人を見ているだけで、甘いものが苦手な私にはメレンゲの味がたっぷりと胸焼けしそうになるくらい伝わってきました。。。

甘いもの好きのスペイン人。
日本の和菓子なんてもの足りないだろうな・・・

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | スペイングルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ムルシアのタパス

100215_01.jpg
この週末、お隣のSantomeraという町に行ってきました。

最近お知り合いになった日本人とスペイン人カップル3組でSantomeraに住むH&Mさんお勧めのBARへ。

Santomeraはお隣のムルシア県になるのですが、お隣といってもタパスの種類が全然違います。

ちなみに、コレ。
100215_02.jpg
タコの足

北部のガリシア地方ではよくタコのタパスをみかけますが、アリカンテではあまり見かけないかなぁ。

こちらはレモンを絞って頂くのですが、タコがなんとも柔らかい!!
日本のタコの足を想像してたので、口に運んでビックリ。
すぐに噛んで溶けちゃいました。

お次は、こちら。
100215_03.jpg
ムール貝のコロッケ

刻んだムール貝とトマト風のクリームソースをムール貝の殻ごと揚げています。

コレもなかなか美味。

そして、ムルシアといえばTOP写真の
Pastel de Carne(お肉パイ)


サクサクとしたパイ生地に塩気の効いたお肉とゆで卵が挟んであります。

これだけでかなりボリューム満点ですが、私たちはこの他にも数品頼み、食べきれず、、

すると、見かねた(?)お店の人が帰り際、テイクアウト用に残り物を包んでくれました。

このサービス、スペインでは結構珍しいです。
スペイン人が残り物をテイクアウトするのも見たことないし。頼まないだけかな?
アメリカではよく残り物をテイクアウトしますよね?

ちなみに、BARは
100215_04.jpg
Santomeraの市役所前の建物の一階。

この日は生憎の雨で、Santomera散策はしませんでしたが、ランチの後はH&Mさん宅にお邪魔し、お手製スイーツとお茶をご馳走になりながら、みんなでゲームをしたりおしゃべりしたり。

気づけばあっという間に時間が過ぎ、お宅を後にしたのはかなり遅くなってから。

久々のタパスランチと、日本語を思いっきり話せて、お腹も心も満足の週末でした〜。

H&Mさん、J&Aさん、どうもありがとうございました♪


banner_01.gif←食道楽ブログになりつつありますが、応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | スペイングルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ガスパチョ・マンチェゴ

100209_top.jpg
先週の日曜日、相方のママさんがスペイン料理、主にカスティーヤ・ラ・マンチャ地方で食べられる郷土料理を作ってくれました。

その名もGaspacho Manchego(カスティーヤ・ラ・マンチャ地方のガスパチョ)

ガスパチョと言うと、普通は夏に飲むトマトベースの冷たいスープが一般的ですが、ここ私達の住むバレンシア地方やお隣のカスティーヤ・ラ・マンチャ地方では、冬に食べるお肉たっぷりの煮込みのことを言います。

作り方は家庭によっても違うと思いますが、今日はママさんのレシピをご紹介。

@まずはバーベキュー用に薪をおこし
100209_01.jpg
(これはお父さんの仕事です)

A鍋にオリーブオイル、鶏肉を入れ
100209_02.jpg
こんな感じに焼き目をつけます。

B鶏肉以外に忘れてはいけないのが、
100209_03.jpg
なんとウサギの肉!!

このまだ火の通ってないのがウサギの肉。

ママさん曰く、ウサギの肉は鶏肉よりも甘くコクがあり、スープに良い味をだしてくれるんだって。ってことでスペインではウサギの肉が使われることがよくあります。

でも私はかなり抵抗アリ・・・

Cウサギの肉も焼き目がついたところで
100209_04.jpg
ニンニクのみじん切り、トマトピューレ、サフランパウダー、水、塩、コショウ、タイム、ローズマリーを入れて強火で煮込みます。

100209_06.jpg
こんな感じ。

15分くらい煮込んだら
100209_05.jpg
このトルタという、小麦粉で出来たクラッカーのようなものを入れます。原材料は小麦粉、塩、水らしい。

Dトルタを鍋に入れて
100209_07.jpg
さらに煮込むこと20〜30分くらい。

Eトルタがスープを吸って
100209_08.jpg
これくらいに水分が全体の2/3くらいになったところで出来上がり♪

トルタに味がしみ込み、モチモチとしたトルタと一緒にスープを頂きます。

この日は妹夫婦も参加して、賑やかな日曜のランチとなりました。

ママさん、ご馳走さまでした♪


ちなみに、、私はウサギの肉は避けてもらいました。

その昔一度食べたことあるけど、ほんのり甘くて柔らかいお肉だったような。。。実は確かに美味しいとさえ思ってしまった。

でも、なんとなく食べた後にお腹が(か、気持ちが)落ち着かなくなったので、私にはスープくらいがちょうど良いかなぁ。

スペ人でも結構ウサギの肉は食べずに残す人いるんですよ。


ウサギの肉はおいといて・・・
このスペインの郷土料理、日本でも、トルタの代わりに、パスタなどで出来そうな一品じゃないでしょうか?

是非お試しアレ♪


banner_01.gif←食道楽ブログになりつつありますが、応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | スペインママレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

アリカンテのカフェ

100204_01.jpg
最近、日中は暖い日差しに恵まれることが増えてきたアリカンテ。

相方と二人だけじゃカフェなんてあまり行く機会がないんだけど、この日は相方のハトコ夫婦も一緒だったので、久々にカフェへ行ってみた。

ここは、メインストリート沿いにあるアリカンテ港近くのカフェ。

私たちはテラス席でお茶したんだけど、
100204_02.jpg
↑ギリギリのところにテーブルが置いてあるの。分かる?
コレ、勢いあまって落ちちゃいそうじゃない!?

カフェの全体の感じは
100204_03.jpg
こんな感じ。

私たちが入った時にはこのくらいの人だったけど、この後、お昼を済ませた人たちでかなり混雑してきたよ。

地元横浜を思い出すような海カフェ。

アリカンテにお越しの際は是非探しててみてね。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

本格カレー

100205_01.jpg
先日、Blogを通じて13〜4年ぶりに高校時代のお友達と再会♪

現在、彼女は埼玉で小さなエステサロンを経営してるんだって。
高校時代からキレイだったから、エステティシャンと聞いてなんだか納得!仕事も充実しているようで、より一層キレイになってるんだろうな。

そんな彼女のBlogはこちらです。
kakuregasalonのブログ

で、彼女のBlogに紹介されてた本格カレー
カレー好きの私達夫婦にはもってこいのレシピ。

早速作ってみたよ。

★Hちゃん本格カレー★

@骨付き鶏肉に塩、こしょうをして、ヨーグルト(砂糖なし)につける。
100205_02.jpg
こんな感じなのかな?


Aたまねぎ2〜3個をみじん切りし、生マッシュルームを薄くスライス。

Bたまねぎをバター(多め)でアメ色になるまで炒める。約20〜30分くらい。
100205_03.jpg

25分経って、こんな感じ。↓
100205_04.jpg
アメ色って、これくらいで良いの?
とりあえず今回はコレでヨシとしました。

C生マッシュルームと、トマトピューレ、ヨーグルト漬のチキンを入れ、軽く炒める。

D牛乳、水を適量入れる。

Eにんにく2かけをすって入れ、カレー粉、ガラムマサラ、ブイヨン(ウェイパー)、好みでチリパウダーを入れる。チリパウダーで辛さを調整。
100205_05.jpg

そしてとにかく煮込む。焦がさず、じっくり、途中でお水をたしたり調節。

生クリームも少々加えます。
※ちなみに材料は全て適当です。

そしてお肉がほろほろになるまで煮詰める。とのこと。

でもほろほろってどのくらいなんだろう?!なので適当にやってみました。

で、しばらくコトコト煮詰めてたんだけど、今回、フライパンだとお肉が大きくてソースがかぶらないな、ってことで、鍋に移して20分くらい煮詰めました。

その後、焦げ防止&保温効果アリ、さらにはガス代が節約できちゃう母から伝授されたこの秘策。
100205_06.jpg
ジャーン!鍋の新聞紙巻き。

コレで、待つこと20〜30分。

お肉に火を通さないから、お肉はやわらかいまま。
でも中まで味がしみ込んだハズ。

出来上がりはTOP写真ね。

さらにサラダも用意して。
100205_07.jpg
最近ハマってるバルサミコソースで。
お好きな野菜に、塩、オリーブオイル、バルサミコソースでさっぱりと。

気になるカレーの味は・・・

自分で言うのもなんだけど、めちゃめちゃ美味しいかったです。

カレー大好きな相方からも花マルを頂きました。

Hちゃん、ありがとう!

みなさんも是非お試しアレ☆


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スペインで日本食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。