2010年01月15日

日本への婚姻届

100114.jpg
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

新年早々、去年より繰り越していた作業が・・・

それは、スペインでの婚姻の事実を3ヶ月以内に日本に届け出ること。

これをしないことには、日本ではまだ独身のままなのです。

★日本への届出に必要なもの★
・婚姻届 2通*
・戸籍謄(抄)本 (発行から6ヶ月以内のもの)2通
・Certificacion de Literal de Matrimonio
 (スペイン結婚証明書) 2通
・同上の和訳文 2通*

※2通って書いてあるのは、本籍地を移動しない場合。
本籍地を移動する場合は、各3通ずつ必要です※


以上なんだけど、*印をつけたものに関しては、スペインの日本大使館で記入例と一緒に書類をもらえます。

バレンシア州はバルセロナの日本総領事館管轄なので、先日のバルセロナ旅行の時に領事館まで行って、書類をもらってきました。

私は戸籍謄本がいるってことをすっかり忘れてて、先日わざわざ日本から送ってもらったんだけど、これから結婚する方がいれば、スペインに行く前に戸籍謄本持って行くの忘れないでくださいね!


で、全ての書類を記入したら、FAXかメールで書類が正しく記入出来たか領事館(または大使館)で確認してもらいます。

その後、問題がなければ書類を直接提出、または郵送します。

以上の一連の手続きを経て、スペインでの婚姻の事実が日本でも受理され、晴れて(?)日本での戸籍上でも夫婦となるのでした。

スペインでのビザに追われ、意外と忘れがちなこの作業ですが、必要なことですので、一応記載しておきます。

それでは、2010年がみなさまにとって素晴らしい年になりますように。

今年もよろしくお願いします。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!


posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | スペイン婚姻手続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。