2009年12月31日

スペインのクリスマス

091230.jpg
今年も残すところ後数時間となりましたが、遅ればせながらこちらでのクリスマスの様子をご紹介。

スペインのクリスマス。

イヴもクリスマス当日も、こちらはおじいちゃんもおばあちゃんも、お父さんもお母さんも兄弟も従兄弟も含め家族揃って過ごします。

家族で何するかって?

ひたすら食べる。食べて飲んでまた食べて・・・


ちなみに、TOPの写真はイヴの食事の前菜。

お決まりの生ハムにチーズにカナッペに、

091230.jpg
ご馳走といえば、定番のエビ祭り。

091230_03.jpg
Berberechosというスペインのアサリの一種のワイン蒸し。

その他、魚介類のサラダやお酒のつまみみたいな前菜が盛られ、
お腹いっぱいになったところでメイン。

091230_04.jpg
メインは相方の叔母の得意料理、豚モモのワインオーブン焼き。(って感じ?)

これは相方の家族のクリスマスでは定番の一品だそう。

お肉がトロけるくらい柔らかくて、今までスペインで食べたどこのレストランよりも美味しいお肉料理でした。

メインが終わると、こちらもお決まりのデザート。

スペインのクリスマスでは必ずといって良いほど出てくるクリスマスのクッキー達↓。
(それぞれちゃんと名前がついてるんだけど、全然覚えてないの)
091230_05.jpg
下の方のペタンコのクッキー、バターの代わりに豚の脂を使ってるんだよ!メタボ間違いなし。

その他、
091230_05.jpg
Turronというアーモンドと蜂蜜を使ったクッキーも。

そうそう、スペインでの乾杯って大抵このデザートの時にシャンパンか、Sidraというりんごのお酒で乾杯します。

ちなみに私はこのスイーツ系、全部NGです。
なんならデザート時に前菜の生ハムとチーズをもう一回頂きたいくらい。


まぁ、そんな感じで心行くまで食後にシャンパンや甘いワインなどを飲み飲み、深夜までカードなど、皆でゲームしたりお喋りしたりして、イヴの夜は過ぎていくのでした。

ちなみにこういう食事が、大晦日にもあり、さらにはお友達同士でも何かにつけてクリスマス休暇中に食事会したりするから、日本以上にスペインの年末年始は太ること間違いなし!なのでした。

皆様も食べすぎには十分気をつけて、素敵な年越しをお迎えください。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!


posted by tortilla.de.patatas at 07:30| Comment(10) | TrackBack(0) | スペイン滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

靴天国(3)

091223.jpg
先日お友達に連れて行ってもらった、Elcheのお隣の街ELDA

Elcheと並んでレディースシューズの生産で有名です。

目的は最近出来たという、セレブ靴の直営店。

091223_02.jpg
これなんか100ユーロ(約14000円)くらいだったかな。

スペイン価格だとなかなかのものなんだけど、、

日本円にすると本皮でこれは安い!!と思わない?

お店も結構大きくて、
091223_03.jpg
ディスプレイなんかもとっても素敵で、

091223_05.jpg
バッグとペアになった靴なんか一緒にディスプレイされてたり。

Elcheにはこんなお店ないよな〜・・・って。

091223_04.jpg
セール品コーナーなんかもあったりして。

思わずため息が出ちゃうほどでした。

でもさ、、
Elcheだとこんな素敵な靴を履いて外出する場所がないから、買ってもねぇ。ってことで指をくわえて帰ってきました。


日本からお友達が遊びに来た際は、ここ、観光ルートに決まりです。

banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | スペインハマリもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

チキンの丸焼き

091214_01.jpg
今日は久々に先日教えてもらった、スペインママレシピ。

チキンの丸焼き(オーブン焼き)です。

作り方はとっても簡単。

★材料(4〜6人分)★
・チキン     1羽
・レモン     2個(1個は半分に切っておく)
・じゃがいも   4〜5個
・たまねぎ    4〜5個

・オリーブオイル  少々
・塩        少々
・タイム      少々
・ローズマリー   少々


1)チキンは水で洗い、キレイにしておきます。

2)耐熱皿を用意して、チキンの内側に、タイム、ローズマリー、塩をふり、半分に切ったレモンをギュっと絞り、まわしかける。

3)チキンの内側(おしり)にもうひとつのレモンを丸ごと1個入れる。

4)チキンの外側にも、同様にタイム、ローズマリー、塩、レモン汁をかける。

5)じゃがいも、たまねぎを適当な大きさに切り、チキンの周りに並べる。

6)じゃがいも、たまねぎにオリーブオイルをタラ〜っとかける。

7)180〜200℃のオーブンで約1時間。お肉の具合を見ながら焼く。(場合によっては、上下ひっくり返したりする)

8)お肉がこんがり焼けたら、出来上がり。


とっても簡単でしょ?

肉汁あふれ、レモンの風味も効いて、じゃがいもや玉ねぎも美味しく頂けます。

大勢集まるクリスマスパーティーなんかにもってこいの一品。

是非、この時期お試しください!


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | スペインママレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

久々のバルセロナ

091211_01.jpg
この前の週末、久々にバルセロナまで行ってきました。

今回の目的は、相方の日本語能力試験3級受験のため。

全世界で12月の第一日曜日に実施されるという日本語能力試験、略して能験。

スペインでは日曜に試験なんてありえないらしいけど。

で、ここスペインではマドリッドとバルセロナの2都市のみ実施。

バルセロナの友人宅訪問も兼ねて、バルセロナで受けることにしたのね。


能験3級は@文字・語彙、A聴解、B文法・読解の3部。全体の合計で60%取れれば合格です。

ずいぶん前から試験に備えた相方。
文字・語彙、文法・読解では常に8割〜9割クリア。
まぁ聴解がかなり怪しまれるところなんだけど。


で、試験当日。
上の写真は、試験場の大学の校舎にて。
こんなに日本語勉強してる人がいるの?!ってくらい人が集まってたよ。なんだか嬉しくなっちゃった。

ちなみに、ここに来るのに友人宅から車で5分。

ずいぶん余裕を持ってタクシー呼んだんだけど、、
試験受付時間の5分前になってもタクシーが来なくて。。。
(もちろん何度も「急いでるから」って電話したんだけどね。)

なす術がなく、そこら辺の車の兄さん達に、必死に交渉。

始めは煙たがって話を聞いていた兄さん達も、結局20ユーロで引き受けてくれました。

で、かなり飛ばしてくれて、受付時間ちょうどに試験場到着。

お金ってこういう時に使うものだな〜、と痛感した瞬間でもありました。

ちなみに、タクシーが到着したのは依頼した時間より40分も後でした。
恐るべしスペイン。


まぁ、そんな朝から波乱万丈でしたが、試験は無事に終わったようで、相方も一安心。

午後からはバルセロナ観光へ。

091211_02.jpg
大好きなグエル公園では

091211_03.jpg
南米からやってきたというご一行様のラテン音楽を堪能できたり。

ショッピングにはもってこいのグラシア通りは
091211_04.jpg
エルチェにはない、こ洒落た風景があったり。


久々に都会の風を感じたこの旅行。

新婚旅行にまだ行けてない私たちには、プチ新婚旅行ってことでね。


banner_01.gif←本日も日本からの応援クリックpor favor!
posted by tortilla.de.patatas at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。